FC2ブログ

グラビアアイドルが義姉になった! 涼音編<21>




  天辻さんの家の風呂場で、こんなにエロいことをするなんて、数時間前の俺は思ってもいなかった。
 つるつるの肌に白い泡を纏った天辻さんが、風呂場の鏡に手をついている。そして挿入をねだるように、俺にお尻を突き出したポーズをとっている。
 鏡に映ったボリュームたっぷりのおっぱいの先っぽでは、桃色の乳首が立ち上がっていて、発情しきった様子だ。

「見惚れてないで、はやく来てってば」

 甘えるように言われて、俺は天辻さんの後ろに立つ。
 蒸れた髪のうなじがきれいだ。泡だらけの肉棒が天辻さんのすべすべしたお尻にあたる。愛撫してもらって、パイずりしてもらって、ガチガチに硬くなった肉棒。
 俺は泡立った手でなめらかな背中を撫でて、そのまま後ろからたっぷりボリュームの胸に指を食い込ませた。

「ん……弟君っ……」

 天辻さんが甘い吐息を漏らす。乳首をこりこりと攻めると、一段高い声をあげた。
 そのまま俺は手のひらを移動させて、細い腕や、くびれたお腹を愛撫して、むっちりした太ももを丁寧に洗ってあげる。天辻さんの体がさらに泡に包まれていく。天辻さんが少し不満そうに言う。

「弟君、わたしのこと焦らしてるの……ちょっと生意気」
「天辻さんのこと、気持ちよくしてあげたくて」
「ん……はやくいれてよ、弟君。待ちきれないの」

 割れ目を指で触れてみると、愛液がたっぷり分泌されて、太もものほうまで垂れ始めている。

「んんっ……指じゃなくて、おちんちんで奥まで気持ちよくして……?」
「天辻さん……!」

 俺は天辻さんのくびれたおなかを両手でつかんで、濡れ濡れのおまんこに泡まみれの肉棒をあてた。
 ぬるぬると感触を楽しんだ後、ぐちゅり、と一気に奥まで突き込んだ。温かくて柔らかい肉壺の感触。深くまで突き入れていくと、きゅっと締め上げてきて気持ちがいい。根元までしっかり挿入し終わると、天辻さんは心地よさそうに体をくねらせながら、甘い息を吐く。

「あはぁ……! 奥までぴったり入ってる……」

 鏡越しに、俺に喜悦に浸った表情を向けている。
 ゆっくりと肉棒の出し入れを始めると、天辻さんは甲高い声であえぐ。俺も気持ちよくて、呻くような声を出してしまっていた。抜き出すときは吸い付いてきて、挿し入れるときはぬちゅりとまとわりついてくるような、天辻さんのおまんこ。優美さんや陽菜ちゃんと少し感触が違う。
 泡と愛液が混じった液体が、ぬるぬると溢れ出す。ピストンするたびに、中で泡立っているみたいだ。

「いいよ、弟君……あんっ! 弟君も、わたしのおまんこ、気持ちいい?」

 そう言って、天辻さんはふいに腰をくねらせた。予想していなかった刺激が加わって、危うく射精してしまいそうになる。ピストンのペースを落とすと、天辻さんは喘ぎながらも、ちょっとおかしそうに俺を見る。

「んぁっ……ねえ、今、気持ちよかったでしょ……? そうだよね?」

 天辻さんはぎゅっと俺の腰にお尻を押し付けて、深くまで挿入させて、さっきみたいに円を描くように腰をなまめかしく動かす。単調なピストン運動とは全然違う感触だった。こみあげてくる精液を我慢しながら、その感触をたっぷり味わう。

「あ……天辻さん、気持ちいい……」
「わたしもこれ、気持ちいいところにあたる……はあぁ」

 天辻さんは喘ぎながらも、余裕を保とうとするように俺に喋りかけてくる。でもやっぱり気持ちよくて仕方ないみたいで、あえぎ声が我慢できないみたいだ。

「ふふ……おちんちん、んあっ、ぴくぴくしてる……せいえき、出ちゃいそう?」
「ちょっとやばい……」
「出しちゃってもいいけど、あんっ、わたしが満足するまで付き合ってね? んはぁっ」

 天辻さんはそう言ってくすりと笑って、挑発するように腰を左右に揺らす。俺がラストスパートに向けてピストンのスピードをあげていくと、天辻さんもたまらなそうに息を荒くする。
 ぱちゅん、ぱちゅん、と音を立てて天辻さんに突き込んでいく。そのたびにHカップの胸がふるふると揺れているのを見ているともうダメで、俺はウエストを掴んでいた両手で、おっぱいをわしづかみにする。
 もっちりとしたおっぱいを下から上へと持ち上げるように揉んでいく。乳首を人差し指と中指の間に挟んで、コリコリとした感触を楽しむ。

「やん、胸もっ……! そんなにされたら、んんっ!」

 今にも射精しそうになりながら、俺は素早く腰を前後に動かす。ぱん、ぱんとリズムよく腰を振る。至福の時間だった。絶頂の直前の、最高の快感をたっぷり味わえる時間。俺は天辻さんの手に収まりきらないおっぱいを揉みしだきながら、限界まで腰を振りまくって、精液を放った。
 
 びゅるるっ! びゅっ! びゅくびゅくっ!

 睾丸から何度も尿道を通って、熱いものが天辻さんのナカへとぶちまけられていく。その間も、何度も肉棒をヌルヌルの膣壁に擦り付けて、快感を味わう。

「あぁっ! あついのが奥にかかってる……! んんんっ!」

 がくがく、と天辻さんは震えて、これまでにないくらい天辻さんのおまんこが俺の肉棒を締め付ける。射精し終わっていたのに、そのせいでぴゅるっと最後の精液が絞り出されるように迸った。気持ち良すぎて、涎が出てしまいそうだ。
 放心状態で余韻を味わっていると、天辻さんもトロけた声で言う。

「わたし、弟君より我慢するつもりだったのに~。ナカで出されたら、気持ち良すぎてイっちゃった……」
「ナカ出しされて、イっちゃったの……?」
「ナカで射精されるのって、すごい気持ちいいんだもん。お腹の奥に熱いのが一気に浴びせられて……はぁ……」

 その瞬間を思い出したのか、天辻さんは夢見心地の表情でため息をついた。
(天辻さん、ナカ出しが好きなのかな……)
 優美さんや陽菜ちゃんにも俺はナカで出してるけど、特にそれが気持ちいいと言われたことはなかった。天辻さんの性癖が少しわかって嬉しいけど、ちょっと変な性癖だとも思ってしまう。

「弟君、わたしとするときは、外に出したらダメだからね?」

 天辻さんは淫らな笑みを浮かべながら、そう言った。
 その後俺と天辻さんは、お互いの体液で濡れた性器を洗いあって、一緒に湯船に浸かった。あまり大きな湯船ではなかったから、俺が先に入って、足のあいだに天辻さんが腰を下ろす感じになった。その時には肉棒はすっかり反り立っていて、つい天辻さんのお尻に擦り付けてしまった。

「折角洗ったのに……ふふ、いれてもいいよ」

 天辻さんの言葉がきっかけになって、また湯船の中で水をぱちゃぱちゃ撥ねさせながらまたセックスしてしまった。背面座位で、後ろから天辻さんを抱きしめながら射精した。天辻さんは膣にお湯が入ってきて変な感じだと言ったし、俺もその新しい感触が気持ちよかった。膣から精液が漏れ出して、湯船に白い塊のようなものが漂った。
 お風呂を出た後も、二人ともまだ興奮しきったままだった。ベッドの上でバスタオルを脱いで、裸でエッチした。体力が持つ限り、唾液を交換したり、体を触りあったりして、腰を振った。それが終わったころにはくたくたになっていて、そのまま同じベッドで寝転がって、うとうとし始めた。向かい合って抱き合って、囁き合う。
 体の側面に、シーツのなめらかな感触。触れあった部分から天辻さんの体の温もりを感じる。

「弟君、わたし腰ふりすぎて、いたくなってきちゃった……あはっ」
「俺も明日、筋肉痛になりそう……」
「またわたしの家、来てね。今度は一緒に晩御飯とか作ろうよ」
「もちろんです……」

 笑いあってるうちに、いつのまにか眠っていた。

……

 友達の家に泊まると連絡はしていた。翌日は休日だったので、家に帰ると陽菜ちゃんはもちろん、父親と優美さんのお母さんもいた。優美さんも久々のオフで、出迎えてくれた。

「おはよう、直人。朝ご飯は食べた?」

 優美さんは俺が何をしていたか勘づいた様子もなく、いつものようににっこり笑っている。天辻さんの家に泊まったことを隠していると思うと、罪悪感で胸が痛くなる。
 天辻さんは今日はグラビアの仕事があるからと、朝早くに出かけてしまった。だから、何も食べていなかった。

「そうかもしれないなって思って、直人のぶんも朝ごはん、作っておいたよ」

 やっぱり優美さんは素晴らしいなと思いながら、とりあえず自分の部屋に戻る。新しい服に着替えて、朝ご飯を食べに戻ろうと思うと、ドアが開いた。優美さんだった。

「優美さん、どうしたんですか?」
「お友達の家、楽しかった?」
「ああ、そのことか……楽しかったです」
「誰の家に泊まったの?」

 頭の中に浮かんでくる天辻さんとのエッチの様子を振り払いながら、俺は高校の友達の名前を出して、夜通しゲームをしていたことにした。

「……そうなのね」

 優美さんは、ちょっと笑顔を曇らせて、腕組みする。腕に胸が乗っているみたいになるけど、そんなことを気にしている場合ではなさそう。

「急に外泊したら心配するから、これからは、やめてね?」

 口では信じたふりをしているけど、俺を疑っていることが、雰囲気で伝わってくる。
(どうして気付いちゃってるんだ……!?)
 これまでずっと、天辻さんとのことが優美さんや陽菜ちゃんにバレたらどうなってしまうのかを考えてきた。二人ともきっと怒るだろうと予想はついていたけど、その時どうすればいいのかは、いくら考えてもわからなかった。わからないうちに、その時は近づいてきていたみたいだ。
 あわよくば、天辻さんとのことを優美さんに許してもらおうとも考えていた。でも、どうやってそういう流れに持っていくか、俺には思いつかない。そもそも、そんなことは不可能なのだろうか……?
(つづく)






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ