FC2ブログ

<電子書籍>ふたなり女学園へようこそ 下<完全版>

家庭教師先のお母さんと ダウンロード販売
「ふたなり女学園へようこそ」の下巻が、Amazon kindleストアにて書籍化いたしました!

ふたなり女学園へようこそ 下 433円
s-ふたなり 表紙案②

無料サンプルダウンロードはこちら

(表紙の画像は、ぱくたそ(www.pakutaso.com)の写真素材を利用しています。この写真を継続して利用する場合は、ぱくたそ公式サイトからご自身でダウンロードしていただくか、ぱくたそのご利用規約(www.pakutaso.com/userpolicy.html)に同意していただく必要があります。同意しない場合は写真のご利用はできませんのでご注意ください。)

CONTENTS (下巻)
CHARACTERS
〈香奈 二章〉
〈香奈 三章〉
〈友梨佳 四章〉
〈香奈 四章〉
〈香奈 五章〉
〈友梨佳 五章〉

細かな修正のほか、ノクターンノベルズ版の連載では描かれていない20000字に及ぶ追加シーンが描かれています。原稿用紙換算で言うと、約50枚~60枚ほど。連載の五話分にあたります。

追加シーンの内容は次のようなものです。
・香奈と詩織の仲良しHシーン
・夏希のパイずりHシーン
・美優先生と凛先生に精液を搾り取られる英梨・友梨佳のHシーン(ローション4P)


下巻では、香奈や友梨佳はますますエロい出来事を経験していくことになります。
ふたなり女学園で暮らす女の子たちの秘密、凛先生がふたなりの精液を集めていた理由……上巻で散りばめられていた伏線が回収されていくのはもちろん、物語の結末もニヤニヤ出来ると思います。
香奈が書き上げた物語が、詩織や友梨佳に広まっていき……? 続きは、ぜひご購読してみてください。

今回は特別に追加シーンの一部を公開!

……

 わたしはすでに何度か、詩織と体を重ねていた。
 あの日、生徒会室で先輩たちに犯されて以来、ルームメイトのわたしたちは頻繁にセックスをしていた。同じ部屋にふたなりの女の子がいる……そのことは、抗えない誘惑だった。
 もう一度、おまんこのナカにあの気持ちのいいちんぽを突き込んで欲しい。下腹部をとろ火で炙られるように、欲求がふつふつと湧き上がってきて、勝手に股間が濡れてしまうのだ。

「詩織……♥ 今日も楽しみだなぁ」

 わたしは図書室を出て、自分の部屋に戻りながら、印刷した原稿を読み返していた。
 図書館のPCで執筆したものをコピー機で紙に写して持ってきたのだ。これを書き始めてからずっと、詩織に何度か見せて、一緒に推敲したり、間違っている部分を直してもらったりしていた。
 詩織は、わたしの書いたこの白百合女学園の実態を描いた小説を、楽しんで読んでくれていた。卑猥な表現に顔を赤らめながらも、熱心に読み進めてくれていた。
 ついに完成したこの原稿を読んでどんな反応をしてくれるか、わくわくしてしまう。
 自分の部屋に戻ると、寝間着姿の詩織が出迎えてくれた。

「香奈ちゃん、おかえり♥ また夜遅くまで小説書いてたの?」
「ただいま♥ うん……でもね、ついに完成したの! タイトルも決まったよ。〈ふたなり女学園へようこそ〉っていうの。読んで読んでっ」

……

 生徒会室でのパーティーの後、暗くなった道を、わたしは夏希先輩と二人で寮への帰り道を歩いていた。
 さっきまで繰り広げられていた、甘々でだらしないことこの上ない、女の子たちとのパーティは、一生頭から離れることはない気がする。
 夏希先輩との初めての童貞卒業セックス。優しく導いてくれて、わたし至上最高のセックスを経験できたと思う。
 あの長い舌を絡ませるキス。ぐにゅぐにゅと動くおまんこ。どうしてそんなすごい身体を持っているのかわからないけど、とにかくあんなに気持ちが良いセックスが出来るだなんて、夏希先輩はすごい。

「夏希先輩……♥ 今日はありがとうございました♥ これからももっと一緒にいさせてください♥」
「もちろん♥ あなたを生徒会に招いて本当に良かったと思ってるわ。童貞ふたなりとは思えないくらいよかったわよ♥ ……突然だけど、今夜、あなたの部屋は空いてるかしら♥」
「え……?」

……

 そうして、その晩は一晩中、夏希先輩とセックスしてしまった。
 翌日の朝起きると、夏希先輩はわたしたちの体液で汚れた部屋の掃除や、片付けをしてくれていて、わたしはずっとこの人と一緒にいたいと思わされてしまった。

「早く起きないと遅刻するわよ、友梨佳さん♥」
「ごめんなさい……♥」

 わたしは幸せに包まれながら、朝の準備をした。シャワーを浴びて、体に染みついた淫行の匂いを落として、クラスへと向かう。
 初めてのおまんこセックスを味わった次の日は、普段何気なく過ごしていたこの女学園が違ったものに見えた。何もかも鮮やかに、輝いて見える。これからの生活が楽しみでならない。生徒会の女の子たちと何度でもセックスしたかったし、生徒会に限らず色んな女の子たちとセックスして行きたかった。
 なんて楽しい学園生活なんだろう……♥
 ふたなりになってよかった、と改めて思った。

 それから、わたしはこの女学園で許される限り、女の子たちを犯していった。
 生徒会の女の子たちだけではなく、彩陽に紹介してもらって、水泳部の女の子たちを犯したり、他の部活の女の子たちにも手を出していった。
 毎日のように、女の子たちとセックスする生活。わたしは良いモノを持っているおかげで、どんな女の子でも悦ばせることが出来た。
 そして、ついにわたしは先生たちにも手を出し始めた。生徒たちとセックスする、淫らな女教師たち。彼女たちも、この女学園に染まって淫乱そのものと化していた。
 今日は保健室で、あの先生たちとセックスの約束をしていた。
「楽しみだなぁ……♥ ふふっ♥」

……

ご購入はこちら
kindleを使ったことがないよ、という方はこの機会にお持ちのスマホにアプリをダウンロードしてみてください。
(kindle unlimitedに加入の場合、無料購読可能)

<書籍化>ふたなり女学園へようこそ 上<完全版>
<書籍化>グラビアアイドルが義姉になった!
最近おすすめのAV(VR) 二選


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ