FC2ブログ

<エロゲ>凍京NECROがめちゃくちゃ面白い<SF傑作>

家庭教師先のお母さんと ダウンロード販売
原案:深見真
シナリオ:下倉バイオ

Nemo ante mortem beatus.
「誰も死ぬまでは幸福ではない」
(ヘロドトス「歴史」)
──『ネクロマンサー』の時代がやってきた。
主人公、「臥龍岡早雲」と「牙野原エチカ」はまだ若い、
「民間特別生死者追跡者(プライベート・スペシャル・リビングデッド・ストーカー)」。
「近接銃術」という特殊な戦闘技能を身につけており、互いにトップクラスの成績をあげている。

ある日の任務中、早雲は激しい戦闘の末に、ひとりの少女と出会う。
「宝形イリア」という名前以外の記憶を全て失っている彼女は、
謎のネクロマンサー集団に身柄を狙われていた。

硝煙とリビングデッドと犯罪と電脳の凍京。リビングデッド・ストーカーと
ヒロインの生死をかけた戦いが始まる。(公式HP
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
ご購入はこちら
このあらすじを読んでわくわくした方は、絶対に買いです。
アダルトゲーム通であれば必ず知っているであろう会社、ニトロプラス。「血と硝煙」的な独特の作風を持ったアダルトゲームを多く制作している会社です。
最近では、ニトロプラス所属の虚淵玄さんがアニメ脚本で活躍している方もあり、ご存知の方は多いように感じます。
この凍京NECROは、ニトロプラスの最新作エロゲであり、個人的には最高傑作の部類に入ると思います。
実はそこまでエロゲに詳しいわけではない作者ですが、この会社の作品が好きで好きでたまりません。傑作揃いのニトロゲーの中で、なぜ凍京NECROが傑作と言うに値するか、①ビジュアル、②Hシーン、③シナリオの三つの点から紹介していこうと思います。

①ビジュアルがヤバい

四の五の言わず、とりあえずこのトレイラーを見てみてください。もうね、格好いい!
キャラクターのデザインが可愛かったり、格好良かったりするのはもちろんで、特にすごいのが戦闘シーンが3Dで動くこと。もはや、これはエロゲではないんじゃないか、というクオリティ。独自の技術を使って実現しているらしいですが、めちゃくちゃ動きます。それも、使いまわしとか、そういうのを一切感じさせない妥協のない作り。思わず戦闘にのめり込んでしまうこと請け合いです。
立ち絵のバリエーションも豊富で、モブのゾンビも種類は様々。実際に管理人はプレイしてみて、殺されていくモブゾンビに見飽きることはありませんでした。普通は、モブなんて一種類なものですが、めちゃくちゃ気合い入れて作ってるな、というのが伝わってきます。
そして、もう一つ指摘したいのが、ヒロインの可愛さ
これは②でも触れていきますが、ニトロプラスのゲームは格好いい主人公のキャラデザインが前面に出て、ヒロイン等女の子は他のエロゲに比べると可愛くない……なんてこともありましたが、今作は違います。
s-necro sample
おっぱい。肉感的で、エロを感じられる絵柄。むちむちな女の子が大得意、「すーぱーそに子」等を生み出した津路参汰さんがイラスト制作に関わっており、そういう方面でも楽しめる出来になっています。
こちらの映像も参考にどうぞ。体験版のプレイ動画が丸ごと公開されています。一時間十八分の大ボリュームですが、興味がある方は、たぶんこれを見るのが一番手っ取り早いと思います。この作品の面白さがぎゅっと凝縮されているのではないでしょうか。

(この下からちょっとしたネタバレがあります。読んでもゲームの楽しみが減ったりする類ではありませんが、それでも「何も知らない状態でプレイしたい!」みたいな方は体験版ムービーだけにとどめてください)
なりゆき→パパ活GIRLS!! ダウンロード販売

②Hシーンが実用的
ニトロプラスのエロゲは抜けない。そんな言葉をよく聞きます。
確かに、この会社のエロゲは血と硝煙を撒き散らすハードボイルドな作風が売り。これまでは、女の子とのイチャイチャはあくまでおまけ、的な感じではありました。
しかし、今回このゲームをプレイして驚いたのが、そこを克服してきているところ。
さっき書いた通り、女の子はムチムチで可愛いですし、Hシーンはなかなか楽しめるものになっています。あるキャラクターはマイクロマシンを体に仕込まれ、性感を異常に高められてしまったり、あるキャラクターはマゾでSMプレイが大好きだったり……女の子たちとのHは、どれも世界設定やそのキャラを活かしたものになっており、正直期待していなかった分、ムラムラしてしまいました(笑)。
脚本担当の下倉バイオさんのHシーンはなかなか良いですし、もちろん女の子たちはフルボイスで喘いでくれます。管理人のおすすめシーンとしては、蜜魅の洗脳Hは正直たまりませんでした。
ただ、一つ注意しておきたいのが、レズシーンが多いこと。二人の主人公のうち一人、エチカが女の子大好きなせいで、女の子同士でセックスしちゃいます。Hシーンの三分の一くらい?はレズなので、苦手な方は避けた方がいいかもしれません……。
それともう一つ、エロとは関係ないですが言及しておくと、残酷シーンもR18ゲームならではの迫力で、TVでは絶対に放送できないようなシーンもふんだんに含まれています。描写をマイルドにするモードもありますが、やっぱりエグいものはえぐい。こちらも苦手な方は避けた方がいいかもしれません。
そういうエグいシーンはR18ゲームならではの味だとも思いますが、一応注意しておきました。

③シナリオが超秀逸
一番言いたいところを最後に持ってきました。
小説を書いているこのサイトの管理人ですが、この作品のシナリオには脱帽というか、平服と言うか、非の打ち所がない構成に感服です。
原案:深見真 シナリオ:下倉バイオ ……この並びを見ただけで、分かる人はわかるのではないでしょうか。
深見真さんは、人気アニメの「PSYCHO-PASS」の脚本を書いていた方ですし、下倉バイオさんは、「スマガ」というループもののこれまた傑作エロゲの脚本を書いた方です。あの「シュタインズゲート」のTRUEルートの原案も、下倉さんらしいです。物語の構成力は本当に素晴らしくて、凍京NECROではシンプルなようで複雑なシナリオをうまく仕上げています。
深見さんに作りこまれた世界設定の中で、下倉さんが緻密に物語を作り上げて、この作品が出来上がっているイメージです。
細かい説明をしていく前に、とりあえずキャラクターをご紹介。
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
臥龍岡 早雲(ながおか そううん) CV:室元気
優秀な民間特別生死者追跡者(プライベート・スペシャル・リビングデッド・ストーカー)の少年。
冷静沈着だが感情表現や他人の心を推し量ることが苦手で、事務所の仲間からはボンクラ呼ばわりされている。
2丁のマズルスパイク付き拳銃リ・エリミネーターと、外部電脳エクスブレインを利用し、
近接銃術という対リビングデッド戦闘に特化した格闘技で戦う。
「ぼくの仕事は、死体を殺すこと」
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
牙野原 エチカ(きばのはら ―) CV:あじ秋刀魚
早雲の相棒、凶暴で美しい少女。同じく生死者追跡者(リビングデッド・ストーカー)で、様々な武器を使いこなす。
感情的で直感を元に行動するなど、早雲とは対照的。レズビアンで可愛い女の子に目がない。
ラビットパンチと呼ぶ携帯チェーンソーを多用するが、他にもフルオートショットガンやWASPナイフつきアサルトライフルなど、
状況によって様々な武器を使い分けるのが強み。
「あたし、死体を殺すのが生きがい」
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
宝形 イリア(ほうぎょう ―) CV:柚原みう
会話しているだけで人の心を開かせる不思議な魅力をもつ少女。
一部記憶を失っており、ネクロマンサーに身柄を狙われている。
20世紀のオタクカルチャーに造詣が深く、流行遅れの言葉を口にすることもしばしば。
「君は……だれ?」
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
義城 蜜魅(ぎじょう みつみ)  CV:波奈束風景
義城生死者追跡事務所に所属するリビングデッド・ストーカーで、
早雲たちの商売敵。負けず嫌いで周囲に高圧的な態度をとる。
超実戦剣法「アドバンスド・タイ捨流剣術」の遣い手。
超音波振動カタナ・ブレードであらゆる物を切り裂く。
「次のネクロマンサーは私がいただく!」
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
阿蘇 霧里(あそ きりり) CV:奏雨
軍警察少佐。エチカの幼馴染み。
エチカの良き協力者であり、姉のような存在。
優秀な成績を収め若くして少佐の地位にある。
「私は法治都市凍京を守る軍警察の一員です」
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>
コン・スー CV:木村あやか
「超(Hyper)ゲットー」の隅で「雪ニルヴァーナ」という店を経営するひきこもり少女。
表向きはジャンクショップの店長だが、情報屋としての裏の顔を持つ。屈指のハッカー。
鴉済生死者追跡事務所はお得意先。
「じ、事件の一部始終は、リアルタイムで……モニタ、してた」


とりあえず主人公二人とヒロイン四人に留めておきますが、個性派揃いのキャラクターたちが織り成す群像劇、と言うのがこの作品を表すのに一番正しいかと思います。

物語の主軸は主人公たちと「自殺志願者(スーサイド・ワナビ)」という特有の思想を持った者たちとの戦いです。彼らの思想は舞台となる凍京そのものを否定するもので、戦いは凍京の存亡をかけたものになっていきます。
しかし、小さな視点で見ると、ヒロインとの幸せを掴むという、単純明快なストーリーでもあります。

さて、その各ヒロイン毎にルートがあるわけですが、なんと、この作品にはルートが4つしかありません。しかも、分岐は序盤に二択が二回のみ。エロゲ―としてはかなり特殊な作りですが、これこそが、この作品のシナリオのよさでもあるのです。
その分岐はとても大きなもので、ネタバレになりますが、その時点で二人いる主人公の生死そのものです。①二人とも生きる、②片方が死ぬ、③もう片方が死ぬ、④二人とも死ぬ……「ぼく/あたしが死んでも、世界は続く」キャッチコピーをそのまま体現したような作りになっています。もちろん、ネクロマンサーの技術により、死ぬことがあっても即退場するわけではなく、HI-FIゾンビとして、物語を過ごしていくことになります。
主人公たちの死が、その後の物語に影響していくことになります。四つのルートは、四つの「そうなる可能性があった未来」なのです。人が一人死ぬことが、世界にどれだけ関わっていくか。それを認識させられる物語になっています。
そして、この作品にはもう一つ大きな仕掛けがあります。これはこの作品を楽しめるかどうかが分かれるかなり大きなネタバレになってしまうので、ここでの言及は避けますが、最後に用意されたその仕掛けにたどり着いた時、エロゲ―ならではの巨大なボリュームのシナリオによる、凄まじい感動を得られるはずです。ラストまで到達した日は、正直ほとんど他のことが手につかないほどでした。
分岐というシステムを活かした、シナリオゲームでなくては実現不可能な物語であり、感動であるともいえます。アニメではおそらく再現不可能でしょう。
ぜひ、その感動を味わってもらいたい。その一心で、この記事を書きました。

こちらのED曲からも、その片鱗を感じ取れるかと思います。全てプレイし終わった後に聞くと、歌詞とシナリオが密接にリンクしているのに気付いて唸ってしまいました。
すごいのは、歌い手であるSubstance-Conceptを演じるのがTVアニメ「カードキャプターさくら」の木之本桜役などを務めたあの有名声優の丹下桜さんであるということ。さらに、ClariSや初音ミクなどのヒット曲で知られる“kz”が楽曲を手がけていることです。豪華すぎる。
ハッピーエンドの本作。最後にこの曲が流れる時には、幸せな気持ちになっていると思います。
骨太のシナリオゲームを遊びたい方。泣けるほどの感動を味わいたい方。女の子たちとのHを楽しみたい方。
ぜひ、凍京の世界へ飛び込んでみてください。こちらからダウンロード可能です。
 電子書籍「グラビアアイドルが義姉になった!」
おすすめ作品紹介


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ